はたらきものブログ

働きながらゆるく子育てしてます。

ミラージュ⑪

炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅴ

 

 高耶、信長に拉致されてます。

色情霊とかけしかけられてる。お決まりのパターンですかね。

直江は高耶の命と引き換えに信長の下僕になれって言われたらさっさと「魔王の種」埋め込まれてる。

そしてコスプレ直江・・・。

 

炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅵ

 

 綾子も「魔王の種」を植えられてたことが判明。

そりゃそうだよね~、2年? 3年? 信長のとこで幽閉されてたんだもんね。何もないほうが不思議じゃん。

 

 炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅶ

 

 えーと、千秋が崇徳院と格闘していたような気がする。

あんまし覚えてない。

イラスト描く人、好きではないけれどこの間の表紙はなんかいいです。

でも人物紹介の絵は嫌い。礼とか。

 

炎の蜃気楼 革命の鐘は鳴る

ブラック譲の時空縫合で未来のひとつに飛ばされる直江。あー、ラストにつながるわけですな。

高坂と直江のコンビっていいよな。困ったときになんだかんだ言って助けてくれてる高坂w

最初の頃は絡んでたのに途中から高坂の登場シーンが極端に減ったもんだからな。もっと絡んでほしかった。

 

二見浦の沖で神岩の上に座るブラック譲と高耶。イメージとしてはエヴァンゲリオンのカヲルとシンジのあのシーンなんですけど。

高耶の額に変な角つけんなよ、と思いました。

 

 

 

炎の蜃気楼 阿修羅の前髪

  

布都御魂景虎の魂核治療しようとするも失敗。

その後の直江と高耶二人入りの部屋でのシーンがせつないです。

直江、鶴とか折って(´;ω;`)

 

信長、礼の体に換生。

そういえば小太郎も若い女に憑依してたな。動物止めたんだ。

 

 

炎の蜃気楼 神鳴りの戦場

  

超久しぶりに夜叉衆で調伏。懐かしいです。こういう調伏シーンがいいんだよな~。

これが最後ですがね。

 

 

炎の蜃気楼 千億の夜をこえて

 

ラストです。ここまで長かった・・・。

いや、先に読んじゃってるんで結末は知ってるんですけどね。

いきなり最終巻を読んだ前回とは違い、感無量です。

 

勝長は活躍もしないであっちゅう間に消えたイメージだったのですが、そこそこ頑張ってたのね。消え方、一瞬だけど。

前回は読み飛ばしてたけど、晴家は戦闘中に高坂の体に換生したんか。

高坂、消えるには惜しい。直江とのコンビが好きだったのに・・。

四国は裏四国のままだし、大斎原もそのままだし、信長倒してはいおしまいってわけじゃなくてまだまだ戦い続けるわけなのね~。

んで直江は換生を続けると。

春日山城と越後の海でラストって、はぁぁぁ・・・。

ここから始まったんだったなぁ・・。うーーーん。

感慨深い。

 

 

炎の蜃気楼メモリアル

 

炎の蜃気楼、最後の最後です。

年表が付いていてざーっと振り返るのにいい。

「あの人」の秘密が面白いな~。高坂w

高校の時、同人誌で読んだ「氷結の夜」。温泉行って道端でやってたっつう、内容だったなとはうっすら覚えていたものの、再確認。やっぱりそうだった。コバルトじゃ出せないよな~と当時は思ってたのですが、時代の流れとは恐ろしいもので出ちゃいましたよ。

「聖痕」もガンガンにやってるし。

うん。これがミラージュだな。

 

いろいろぶっちゃけて正直に感想を書き散らしてきましたが、私の青春時代を彩ってくれた作品でした。

初期のころの作品は、読み直すとその当時に感じていたドキドキを思い返させてくれるようで、楽しめました。

ほんとに楽しかったなぁ、あの頃。

あんな気持ちでミラージュに出てきた名所を巡りたいです。修学旅行で行った二月堂とか、大学の時に観光した松本城とか。今は阿蘇とか四国とか。

そういえば、ふるさと納税で日本酒を頼んだのですが、よくよく見たら室戸市でしたw

兵頭ーーー!

 

 

長かった炎の蜃気楼もこれで読破できました。

あれ、そういえば昭和編の前の戦艦に乗った話?は読んでない。たぶんCDブックとかなんだと思う。

そこが欠けてるんでそのうちユーチューブで探すか。

 

さて、もう図書館通いも終わりかと思っていたところ、なんとやはり高校の時に大好きだったくりこ姫というBL作家の作品が収蔵されていることに気がつきました。

マジか~~~~!

むちゃくちゃ好きだったんだよな~。同人も持ってたな。

誰だよ、図書館にシリーズ入れてくれたのは。神?!

ということで、まだまだ図書館通いは続きそうです。

脳みそ腐ってますがな。

 

 

ミラージュ⑩

炎の蜃気楼 真紅の旗をひるがえせ

 

ふたり牡丹

 

懐かしの城北高校! 沙織とか出てきて和やかでした。

まだ景虎と直江が反目し合う前の、穏やかな日々です。

高耶の顔を見るために、上田から松本まで足を延ばしちゃうって、愛よねぇ。

しかもクラスメートの矢崎くんからしっかり高耶の学校生活を聞き出してるあたり、さすがです!

美術の成績が2ってのもこのあたりから聞いたんですかね~。

いやー、いい短編でした。

 

 

鏡像の恋

 

千秋の恋愛話。せつなかった(;;

邂逅編の頃の、割り切った遊び人が400年経って変わったなぁと。

 

真紅の旗をひるがえせ

 

赤鯨衆の旗を公募で決めるって、面白かった。

兵頭の描く鯨が写実的って、うーん。

隊長室?でのイチャイチャシーンからの景虎ポーカーフェイスが笑えた。

なにそれ、絶対心の中で焦ってるだろって。

 

さいごの雪

 

黒豹小太郎、もうおいしすぎておいしすぎて・・。どこもかしこも突っ込みたいよ。

 

 

炎の蜃気楼 赤い鯨とびいどろ童子

 

赤い鯨とびいどろ童子

 

嘉田と草間の話。赤鯨衆ができるまで、ってやつ。

草間は本編では長宗我部長宗我部うるさいやつ、くらいにしか思わんかったけど、入れ込むなりの理由があったわけですな。ふーん、て感じですよ。

庵主様を助けた涼やかな眼の男って誰だ?

こういうとき、きちんと読んでれば、あ、あいつかってピンと来るんでしょうけど、飛ばし読み斜め読みの自分はさっぱり・・・。

 

 

終わりを知らない遊戯のように。

 

短編。良かったです。犬に邪魔されましたけど。

 

 

拝啓、足摺岬にて

 

久しぶりにかるーーい感じで良かった。ただ、このタイミングで読む話じゃなかった。もうちょい本編読み進めてからだったな。

 

 

 

炎の蜃気楼 無間浄土

 

いろいろ懐かしい人が出てきました。そして綾子も!

もう、皆綾子のことをずっと監禁されたまま、ほったらかしにしててひどい。何年ぶりに登場したんだよ。しかも明智光秀に助けられてるとか、なんだよそれ。上杉、誰も助けに行かなかったのかよ・・・薄情・・・。

てか、勝長もしばらく出てないなぁ。あっちは大将やってるからいっか。

直江は暴走気味だし。ところかまわず盛ってる感じだ。

信長も完全復活ですかね。信玄は出た途端に譲に食われてるwwww

高坂もすんごい久しぶりに出てきたよ・・・。

 

炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅰ 那智の章

 

ヒルコの話面白い。こういう薄暗い話、いいよね。

ただ、ちゃんと読んでないと筋がわかんなくなっちゃうんだよね~。

 

船の上での直江と高耶のやりとり、良かったです。

「おまえにくれてやる! 直江!」って、ここまできたかって感無量ですよ・・・。

もうここでめでたしめでたしでいいよって思います。

 

 炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅱ 布都の章

 

 

えーと、なんだったけ。

綾子がようやくちゃんと出てきた巻、な気がする。

もうしばらく前に読んだんで忘れちゃった。

返却しちゃったし。

綾子も出て、千秋も次の巻かその次辺りで出番になって・・・勝長はとことん出番なしなんだよね~。不憫。

 

炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅲ 八咫の章

 

 

ブラック譲登場。

断然、ブラックのほうがいい。以前の譲はうっとおしいだけだったけど、ブラックは最高にいい。

 

炎の蜃気楼 耀変黙示録Ⅳ 神武の章

 

気持ちいいくらいに、信長にやられっぱなしです。

後手後手も超後手。

掌の上で踊らされっぱなし。

 

直江と高耶、人目をはばからずちゅーちゅーするようになった。

「全部終わったら一度越後に帰ろう」ってシーン、泣けました(´;ω;`)ウゥゥ

せつないですなぁ。

 

それにしても、登場人物も増えて、戦国時代だけじゃなくなって、もう風呂敷広げ過ぎじゃねって感じです。

正直、ストーリーを追ってない。人物間の絡みしか興味ありません。

闇戦国もなにもどうなろうと、どうでもいいよ・・。

 

ミラージュ⑨

炎の蜃気楼 砂漠殉教

 

砂漠殉教

 

再び高耶を探す直江の話。切ないです。

昭和編の名残が出てきて、おぉ~つながっとるねぇ、なんて思いました。

しばらくつるむことになる一蔵とはここで会うわけですな。

 

十八歳の早春賦

 

譲視点の話。森野沙織が登場するんでほっとします。

けど、譲が出てるんで自分的にはイライラ・・・。

 

 

炎の蜃気楼 群青

群青

 

このタイミングでこの巻を読みましたが、完全に順番間違えました。

まだ景虎がどこにいるかもわかんないあたりなので、アウディ・ノスの近辺か。

北条の話ですが、景虎のトラウマ話が出てきます。

 

七月生まれのシリウス

 

これは高耶が仙台でひと暴れした後の話。今となってはほっこりするような・・・。

 

 

炎の蜃気楼 裂命の星

 

四国の山奥に隠れる景虎。換生者だけど記憶喪失の武藤潮と、あれよあれよという間に闇戦国に巻き込まれてる。

赤鯨衆も譲臭がするというか、変に熱いところがうへ~~~~~って感じです。

素人集団に毛が生えたようなもんなんで、景虎もついつい見かねて手助けしちゃうわけですよ。

 

てか、高耶さん、すっかり直江を覚え込んでるわね、その体・・・・。ふふ・・・。

 

長秀、やっぱり生きてました。千秋の体は亡くなってたけど。

しかも何ですか、織田方についたとか。あはは。

綾子、何巻ぶりかに登場。それなのにボロボロになってるようで可哀想・・・。

 

炎の蜃気楼 魁の蠱

 

 

 

高耶が赤鯨衆でいやいやながらもがんばっちゃう話。

長秀とご対面あり。

阿蘇で俺に任せとけ、的な思念を一方的に送ってきた後、ご無沙汰してたわけだから、変わり身にびっくりしちゃうよ。

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 青海編

 

 

いやいやだったのが、やる気を出し始めて赤鯨衆でがんばる話。

懐かしの伊達一家がご近所に引っ越してきてます。

赤鯨衆はほんとにうっとおしい。

 

突如として山神を名乗る少女が出てくるんだが、可愛らしい。そしていじらしい。

直江にはもったいない。

てか、こういう女の子は千秋の専門だよな。長秀というより千秋。

 

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 赤空編

  

 上杉景虎ということがばれて高耶、拷問にかけられます。

いや、ひどいのなんのって・・・。

ほんと、赤鯨衆、最低だわー。

嘉田も草間も。

自分たちで引き留めといて何がスパイだよ。お前らの頭沸きすぎだろ。

 

ここのところ、あとちょっとってとこですれ違ってた直江がついに赤鯨衆に潜入。

 すったもんだの挙句、足摺岬の断崖でめでたく再会。

拷問後で痛々しいのに、盛り上がった二人はヤっちゃわけです。

爪とかはがされてんのになぁ・・・。かなり厳しいと思うんだが。

 

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 白雷編

 

えーと、赤鯨衆ばっかり。

景虎の調伏力がなくなった。

黒豹の小太郎最高。

 

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 黒陽編

 

 

この巻と次の巻、図書館で借りにくいわー。返しにくいわー・・・。

 

鬼八退治に孔雀明王法をしたけど失敗。

清正が久しぶりに出てきて、もう懐かしいったら・・・。

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 黄壌編

 

 

ミホが直江ラブで拗らせて景虎襲撃。景虎、毒にやられるも黒豹小太郎の活躍で一命をとりとめる。

直江あんまし役に立ってないよな。

 

景虎やっと赤鯨衆に自分の正体告白。なんか、直江へのラブコールだよね、あの演説。

 

炎の蜃気楼 怨讐の門 破壌編

 

 

高野山景虎が連れ去らわれます。この辺、面白かった。

こういうのいいよ。やっぱり肉体で戦うのがいい。

 

逆に海戦、いまいち読む気が起きず、すんげー飛ばした。

長秀、またしても体失ってるし。ひどい扱いだよな~。ほかの夜叉衆はすっごい大事にされてるのに、長秀だけ替えがきく感じ。

景虎は今回超ワンマン。

 

あ、ミホが死んじゃうのってこの巻だったかな? 前の巻?

可哀想でした。

死ぬ間際に直江に恋人になってやれって景虎が、「オレは見てない」とか背中むけんの。なんだかな・・・。こういうの、好きじゃない。

 

 

長かった怨讐の門編もやっと終わりました。だらだらと四国で、地理的勘が働かないんでなんかもう、な~。

まぁ、赤鯨衆もなんだかんだで、最初の頃よりは親しみがわいてきたような気がしないでもないです。体育会系のノリは受け付けませんがね。

名探偵コナンの映画を観てきました

テレビのコナンなんて数回しか観たことがない、コナン超初心者ですが、子どもにリクエストされて観に行ってきました。

 

実は。ここのところ、コナンの赤井安室でBL本を読んだばかりでして・・・。

それがなかなか良かったんで動いてる2人を観たいという下心だけで行きました。

 

そうじゃなきゃ映画なんて一家総出で観るなんてケチの私が許しませんよ。

 

高額チケット代 < 安室を観たいという腐女子

 

BL万歳。

 

映画のストーリーはいまいちでした。コナンくんの映画って子供が見てるのを横目で見たことがあったのですが、もっと面白かった気がする。

今回はいまいち・・・。

でもストーリーなんかどうでもよかったです。

安室いいわ・・・。

残念なことに赤井は出なかったんですががっつり安室の話でした。

最初から最後まで妄想炸裂。

安室さんの恋人は?なんてコナン君、気の利いた事聞いてくれて、心の中で「赤井じゃーーーーーー!!!!!」と絶叫していました。

 

しかし、私、赤井が何者なのかいまいちわかってません。

FBIなん?

ま、なんか一見相性が悪そうなのに恋人って、おいしいですよね。それだけで十分です。

 

コナンの客層って結構高かったです。

小学生はほぼいなくて、高校生以上でした。

女子同士で来てるグループがいくつか居て、あぁ、この子たちも私と同じ腐った目で見てるのね、ふふ・・・と変な仲間意識で見守ってしまいました。

脳みそまで腐っております。

ミラージュ⑧

 

景虎」を飲みたいところですが、「景虎」の酒粕で甘酒作って満足しているこの頃です。

 

そして、ビー玉ビースケと黒玉王子で妄想できる自分がいます・・・。

 

炎の蜃気楼 黄泉への風穴 前編

 

 イラスト描く人変わりました。表紙はいいんだけどな~。中の絵、線が太くて派手で好きじゃない。いらない。

 

萩から2年が経過してんのね。高耶ももう19歳よ~。

 

前巻で死亡の直江は、もう復活です。

本体が動けない分、開崎を遠隔操作して景虎にちょっかいだしてる。

 

景虎は直江の死を受け入れることができずに、小太郎を直江と思い込むのだけれど、今までの直江と反応が違うんで悶々と悩んでる・・。

  

炎の蜃気楼 黄泉への風穴 後編

 

 綾子と麗子のコンビがなかなかよい。もっとこのコンビで活躍してほしいな。

 

そういや勝長、この巻から登場してたのね~。全然覚えてなかった・・・。

不穏な動きしてるしさ。

正直、この巻から読むと感じ悪い。これまで景虎のお父さんちっくな立ち位置だったのに・・。

 

景虎は開崎に拉致され、監禁されます。エロい。

バスローブ姿に手錠でベッドに括り付けられてるって・・・w

 

鍼治療してあげるし、抜いてあげるし、開崎、景虎のメンテナンスに勤しんでます。

 

翌朝は絶対体中跡だらけだったと思うのですがそこは誰も突っ込んでくれない。

突っ込めないくらいすごかったんかな、と妄想。

後の巻で綾子が冗談めかしに突っ込んでますが、さすがちょっとずれてる晴家。

 

炎の蜃気楼 火輪の王国 前編

 

 またまた学園もの。しかも今回は千秋が先生で高校に潜入って・・・w

おいしい設定だな~~~。

高耶は落第してるから19歳のくせに相変わらず高校生なわけですな。

 

大友だ、島津だ、加藤清正だ、ってなじみがなさすぎてちょっとつらい。

どいつとどいつがつながってんだかわかんなくなってきた。

ま、興味があるのは景虎と直江の絡みだけなんですけどねーーー!

 

炎の蜃気楼 火輪の王国 中編

 

景虎は直江の死を思い出せそうで思い出せてません。そんなところに高坂が直江についてあれこれよからぬことを吹き込んでます。

 

高坂、昭和編の時はけっこう上杉側につくことが多かったけど、本編ではけっこう敵対してる。淋しいなぁ・・・。

あのおかっぱ姿が恋しい・・。

 

清正、前編から性格変わった。作者がものにしはじめたって感じか。

 

そして小太郎のがんばる姿が切ないです。もう、ほんとせつない・・・・。

 

 

炎の蜃気楼 火輪の王国 後編

 

直江のフリした小太郎と、直江が霊波同調している開崎が景虎を助けに行こうとして鉢合わせ。

小太郎が勝つけれど、吉川元春に拳銃で撃たれて憑坐死亡する。

執念、て感じです。小太郎・・・。

 

晴家はこの巻で信長に捕まっちゃうわけだけど、この後かなり長く放置される。

話題にも乗らなくなるんですけど。

 

お荷物の成田譲が熊本までわざわざ、厄介ごとに巻き込まれに来てるし。

どうも、自分は譲が好きじゃないみたいです。

 

 

炎の蜃気楼 火輪の王国 烈風編

 

 

えーと、いろいろ話は展開してますが、どうでもいいので割愛。

千秋が破魂波でやられた?って、ところだけど、絶対生きてるだろうからスルー。

 

炎の蜃気楼 火輪の王国 烈濤編

 

 

火輪の王国完結編。なんかいろいろなことは起きたけど、最後の最後、直江に守られながら二人で調伏、ですべて終わり。

 

ま、今までのことは、二人が結ばれるまでの必然の別離だったわけですな。

 

炎の蜃気楼 十字架を抱いて眠れ

 

来ました。ついに来ました。

山荘でのどろどろ愛欲隠遁生活巻です。

 

これを読むために今まで頑張ってきたんです。

はぁ・・・・・・・・。

直江、良かったね、としか言えませんよ。

 

鬼八の毒なんて直江にとってはちょっとしたスパイス程度ですよ。

しかし、高耶、気にしちゃうんだな~。

逃げるほうが傷つくっつうねん。独りよがりだよな。

 

ミラージュ⑦

炎の蜃気楼 みなぎわの反逆者

 

綾子の200年前の恋人、慎太郎との話。

 

これがメインのはずだったのが、直江と景虎の関係が悪くなってて、もうそちらばかりに目が行きます・・・。

 

秘書業やってる直江、似合い過ぎてもう・・・(w

 

駐車場でもイチャイチャしてるし、何やってんだか。

 

 

イラスト集 愛する者へ

 

夜を統べる瞳ってここにも収録されてたんね。

 

イラストとしては修羅がむちゃ好きです。あと、罠も。

 

表紙だけでいいから、本編はこのイラストレーターにずっと書いててほしかったなぁ。

 

 

炎の蜃気楼 わだつみの楊貴妃 前編

 

ジバンシーの女・・・。もう、朴念仁はどこにいったんよ?!

 

この色男ぶり。橘義明だからか?

 

修学旅行のあたりは久しぶりの学園もののノリで楽しかったです。それもこれが最後・・・。

 

炎の蜃気楼 わだつみの楊貴妃 中編

 

前編もちょっとどうかと思う表紙だったのですが、中編に至ってはこれですよ、これ!

図書館で借りるの恥ずかしい・・・・。

 

ところで132頁、元春がノートパソコンで「シミュレーションは完璧」とか言ってドヤ顔してるシーン、画面に映ってるのは絶対「信長の野望」だと思う。

 

で、ついに直江、萩で死にます。

景虎をかばって銃弾に倒れるわけです。

 

しかも次の巻の冒頭で小太郎に遺体を念入りに焼かれてます。 

 

炎の蜃気楼 わだつみの楊貴妃 後編

 

漁姫、不憫だな。顔焼かれた上に今度は岩になるって・・・。

 

最後、直江の死を受け入れられずに景虎、小太郎を直江と思いこみスタート。 

 

ま、そうだよね~。

 

炎の蜃気楼 紀行

 

 あー、こんなのも出てたなぁ~・・・。

 

あの頃は一ファンとしてちゃんと購入した気がする。

 

 

ユーリ!!!オンアイスに夢中です。

ミラージュ熱がちょっと薄まってます。

 

なぜかというと、ちょっとしたきっかけから観たユーリ!!!オンアイスに夢中だからです(^^;;;

 

いや、もうね、これ地上波でやってたの?

 

信じられんよ。

 

腐女子の心わしづかみじゃんかーーーー!!!

 

鼻血吹くかと思いました。最高です。ありがとう、abemaTV。

 

 

しかし、パソコンの小さい画面で見たので、普通テレビで見たいと思っております。

 

大画面で勇利のエロスに触れたい・・・。

 

もう妄想大暴走ですよ。

 

勇利が舌なめずりしてるシーンとかむちゃくちゃいい。

あの衣装もいいですよね。ちらっと見える赤い裏地。

なんとなく肌襦袢を思い出させる。

後半になると男前度があがりますが、またそこがいいのよね~。

 

ちなみにヴィク勇派です。

 

 

勇利にハグされてミッキーが叫んだとき、あのチェコ人が血相変えて出てきたときには、チェコ人ミッキーのカップリング認定が決まりましたが。